断捨離マインド

私の特技のひとつに、
お片付けと断捨離があります。

よく、”お部屋が綺麗だと開運する”など聞いたことがあると思いますが、
まさしくその通りなのですが、
そもそも、私の場合、”部屋が散らからない”です。


散らかるような物の量がまずないですし、
すぐ「捨てるものないかな〜」と探してしまう捨てたがりな節もあるので、
「本当はとって置いたほうが良いもの」まで捨ててしまうことも。

そして、
部屋が散らかっていたり、自分の許容範囲を超えた物が沢山あると、
「違和感」「調子が出ない」シグナルが身体や心にビシビシくるので、
すぐ、「お片付け・断捨離アンテナ」が発動してしまうのです。

私の場合、
”感覚アンテナを立たせるお仕事”なので、
裏を返してみれば、”感覚アンテナが立たない現象”にも敏感です。


なので、
開運のために、お部屋を綺麗にしているというわけでもなく、
そもそも、あまりお部屋が散らかっている状況に陥ったことがない、
散らかる前に
”物を溜め込めない種族”に分類されているようです。

どんな時に断捨離をしますか?

「今の自分に必要ない」と思った時は、ばんばん処分します。
そこに「勿体ないから」という気持ちは入れ込みません。

大抵の場合、
「勿体ないから」と取って置いたものは、例え数回使ったとしてもまた使わなくなります。
特に布製品は、色んな気を吸いますので、今の自分に合わない波動に染まった衣類などは、着用した所で気が重たくて着れないです。
迷う時は念のため取っておきますが、結局は処分するものがほとんど。

「捨てれば新しいものが入ってくる」というように、
まずは、処分して余白を作らないと、新しいものは入ってきませんしね!

断捨離をする上で気をつけていること

断捨離をする時よりも、
”捨てる時に悲しくならないような買い物”を心がけています。

物を捨てる回数が多い = それだけ物が沢山ある

ということにもなります。

自分にとって必要のないものを買ってしまうと、
その分、断捨離する回数も増えるもの。

なので、なるべく、
自分にとっても捨てる時に「使いきれた!」と誇らしく思えるような買い物をするようには心がけています。

「あ〜全然使わなかったな〜勿体なかったな」と思って捨てるよりも、
「ここまで使ったから、いいよね、ありがとう」と思えるように。

何よりも、処分する時に自分に罪悪感を課せないよう、
”買い物の段階”から、”気持ちの良いゴール”に向かって、スタートをきるようにしています!

自分らしくあるために

私の中で、断捨離はとても身近なもの。


何か特別な時に行うことではなく、日常的に”今、必要なものに囲まれたい”という思いがそうさせているのかもしれません。
そのほうが、自分にとって快適で調子が良いから。
そして、断捨離を楽しんでこれているからこそ、みずからの生活に馴染みがあるのかもしれません!

そう。
開運の枠から飛び出して、
断捨離は新しい自分を産みだしてくれる、楽しいもの。

これからも、楽しい断捨離活動を続けていきますよ!

この記事をシェアする
Scroll to top