過去を癒す方法



昔の出来事をふと思い出した時に、
「あ〜あの時は大変だったな〜つらかったな〜」なんて思うことがあると思います。


それが幼少期のことだったり、
はたまた20代の時のことだったり、

あの時は、
本当に地獄かと思った!
毎日がつらくてどうして良いかわからなかった・・

なんて経験をしている方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。



そんな私も、
”苦しい輪郭から脱出できずにもがいた経験”というのはあるのもので、

今更思い出しても、恥ずかしいやら、苦しいやら、申し訳ないやら・・
もう言ってしまえば”変なきおく”みたいなものが、ふと湧いてきます。



よく、”変な生きもの展”という
ルールから飛び出している特殊な生き物を展示する催しものが開催されているのを見るけれど、

人生の中にも、今まで経験したよくわからない理不尽な思いや、抱えきれない何かの”変なきおく展”というものが、自分の人生時間のある一定リズムでも開催されるので、

「あぁ、世の中にも、人生にも、”変な○○”というものは、開催されるものなのね〜人気だよね、変なものは」と、変な親近感で解釈。

どこの環境にも、
”変な○○”というものはあるのですね。素晴らしい!




さて、
そういった”昔の何かしからつらかった思い出”というのは、
その時代の自分からの”HELPのサイン”でもあるのですね。


”時間”は後には戻れないなんて言うけれども、移動したり、飛び越えたりすることは出来ます。

「思い出している」ということは、
「その時に繋がっている・接続している」ということでもあるため、


昔の時間を思い出しているのであれば、
それは、「昔のあなたに接続している」ということ。


こうなったら良いな・・と未来の時間を思い描いているのであれば、
それは、「未来のあなたに接続している」ということ。


つらい出来事真っ最中の時、
一瞬でも「なんだか楽になったかも!希望が湧いたかも!」ってないでしょうか。
一瞬でも。

「ここに行ったら何か変わるかも!」
「なんだかこれが必要な気がする!」
「この仕打ちは何かおかしい!」
・・・
などなど


そういう時って、
未来の自分が、過去の自分にエールを送っている時でもあったりします。

未来の自分が、過去の自分に想いを馳せている。


今、昔のことを思い出して、「う〜〜ん」と少し苦しくなったとしたら、
それは、過去のあなたが今のあなたにHELPを送っていたり、未来のお願い事をしているかもしれません。

その想いが飛んできて、今のあなたが受け取り、過去を思い出しているのかもしれません。


なので、
「大丈夫だよ!○○歳の私は、なんだかんだ上手くやっていけてるよ!」と過去にエールを送ってあげることで、その時代のあなたは、また前をむいて歩いていけるなんてこともあるのですね。



逆に。
未来に希望を抱く時。


こうなるんだ!
頑張るんだ!
こうしてみたい!
なんだかこうなっている気がする!
これはいける!

など、夢に思いを馳せる時。

これは、未来のあなたが、今の時代のあなたを思い出してエールを送ってくれているのかもしれませんね。


「あの時、これを頑張ったから今はこうなっているよ!だから自分を信じて前に進んで!」
なんて、10年後のあなたが、教えてくれているなんてこともあるかもしれませんね!




時間は、細切れで動いているものではなく、繋がって動いているもの。
繋がりがあれば、その線を辿れば、どの時代にだって行けてしまいます。


想いというものは、肉体と違って動きが軽いから、時間になんて概念がないのですよね!
ほら、念を飛ばすって言葉があるように、
想いは飛ばせるのですよ!

そこに、時間の概念はないよってことです。



昔の出来事がきっかけでトラウマになって身動きが取れない
つらかった記憶が抜けない

など、
変なきおく展が開催されている方におすすめなのが、
過去の自分を励ましてあげてみることです。



もし、トラウマが解決していなくても。
あの時よりも上手にできるようになっていることもあるはず。


今、まだクリアにはなっていないけど、いつかはできるようになるよ!
それでも、頑張っているよ!
なんでうまくいかなかったがわかったよ!

など、今の現状を教えてあげてエールを送ること。

やっぱり、
応援してもらえたり、協力してもらえると、
嬉しいじゃないですか。

心は、あたたかくなれば、前を向けるもの。

エールは、
やはりあたたかい。

それが、
自分自身から送られてきたら、
やっぱり自然と、こう、あたたかくなるもの。

信頼ってやつかもしれません。

それが、
自分自身の線の中で生まれたら、

やっぱり、あたたかくなるものはあると思います!



変な生き物展と、変なきおく展は、
信頼で結ばれているのか!?

結ばれていない・・よね

この記事をシェアする
Scroll to top