箱根神社・九頭龍神社



みなさんこんにちは。

先日、リフレッシュをしに箱根へ行ってきたのですが、素敵な所で癒されました。




箱根の山道



道が細くて運転が大変だったのですが、(私は運転していない)ここの土地は、物凄く強いものに守られている感覚はありました。

車で走っている道中も「あ、ここから切り替わった!」という感覚もありました。

それは決して嫌な感覚ではなく、守りが強くなった感覚。

そうすると、私の旦那さんも、「ここの結界はまだ残っているからね~」とのこと。「結界師の○○が✖✖の為に~~~で」みたいなことを言っていたけど、よく私にはわからなかった。


よく旅行に行った時に、山道で霊的なものを浄化するために、体力をつかってぐったりしてしまう傾向にあるのですが、今回の山道はそういうのがなくて、逆にびっくり。ふわぁ~と光が強くなったり、頭がすかっとする感覚。

「強羅」から「仙石原」 へ向かう山道だったと思います。
みなさんも旅行に行かれた際は、是非体感してみてください。



おすすめポイント

  • 山道のエネルギーが綺麗
  • 自然気と霊気が良いバランスで混ざり合ってる
  • 守り・守護・結界が強い(結界がまだ残っている)
  • エネルギーアタックが少ない





箱根神社 御利益



「幸せの鳥居」にて




縁結び・子宝・厄除け・浄化 etc・・・。
色々なご利益がうたわれていると思いますが、私が一番強く感じたのは・・


勝負運



もちろん浄化力も高いと感じたのですが、
それより何より、1歩1歩かみしめて歩くような強さ、そしてぶれないような芯の強さを感じたのです。



自分の中で答え合わせをしにきたような感覚。

「ほら、やっぱり必要だったでしょ??」
というように、私の守護霊さんから語りかけられたような感覚にもなりました。



箱根神社は、数々の武将たちが 戦勝祈願をしている場所。
鎌倉幕府初代将軍・源頼朝も箱根神社で祈願し 、 北条氏、徳川家康などの武将たちも箱根神社を信仰したそうです。





89(厄)落とし の階段
89段あるのでのぼると厄落としになるそう
ここをのぼって 本殿に向います




箱根神社本殿




さらに特徴的なのは、
勝負と言っても、外的な勝ち負けではないようでした。

もちろん、大会や勝負事に効かないというわけではありません。


それよりも、


自分の気持ちに勝つ!



自分自身の新たな可能性を感じ、自分を乗り越えていく。
という強さや決意を固めるというエネルギーが溢れていました。

そして、自分自身に強くなることによって、外的な勝負運も強化されていく。
巡り巡ってたどり着く強さをサポートしてくれるようなエネルギーを感じましたよ!




箱根神社はこんな時におすすめ

  • 強く意思を持ちたいとき
  • 自分のやりたいことを芯を持って進めたいとき
  • 物事に持続性を持たせたいとき
  • 自分の中で転機を感じたり、勝負をかけたいとき
  • 何かと戦いとき
  • むしろ自分に打ち勝ちたいとき
  • 今までと違うチャレンジをしたいとき

※これは、あくまで私の感じたものなので、その限りではないことはご了承くださいね





九頭龍神社と箱根神社



箱根神社の中にある九頭龍神社の新宮




箱根神社と言えば一緒に名前がでてくる「九頭龍神社」。
本宮は 箱根神社から離れた芦ノ湖の湖上にありますが、箱根神社内にも新宮があります。


九頭龍神社の龍神様は、格式が高いと言われているようで、ご利益の内容も金運や商売繫盛といった強めのものが多いよう。


そして、箱根神社の「勝負運」の強さは、この九頭龍様からの追い風が強く感じました。
エネルギーが上手く混ざりあっている感じがあって、箱根神社のご利益を強めているように思います。



手水舎
9体きちんとならんでます
爪は4本だったので、貴族の龍様?




本当は、本宮のほうにもお参りに行ったほうが良いのかなと思ったのですが、今回は箱根神社で満足したので、こちらだけにしました。
箱根神社だけでも十分に満足。


九頭龍様は、主体に対して追い風をふかせるのがお上手みたいなので、新宮のパワーだけでも,十分な効果を期待できると思います。

九頭龍様の本宮に呼ばれた際には、また行ってきます!




ポイント

  • 箱根神社と九頭龍神社のエネルギーは上手に混ざり合っている
  • 九頭龍様が箱根神社のパワーに追い風をふかしている

※これは、あくまで私の感じたものなので、その限りではないことはご了承くださいね





厄除け




実は今回、箱根神社に行った目的としては、「厄払い」でした。

実は、今まで厄払いなど受けたことがなかったのですが、
最近、体調が心配だったのと、今回の厄年は私も旦那さんも、厄払いをお願いしたほうが良いような感じがピシピシとしたので、足を運びました。


なぜ、箱根神社だったか?


きっと、「自分に打ち勝っていく」必要があって、気合いを高めにいくには、今の私には「箱根」だったのでしょう。


でも今回は私というよりも、必要だったのは旦那さん側だったと思います。
私は、そこに連れていった感のほうが強い。
まわりまわって私にももちろん必要だった。




厄払いの際に、着用したり、首にかけたりしました




お札のほかにも、お水やお米などももらいました




厄払いの感想

  • 芯の部分のわだかまりが取れた
  • 気持ちが傾いても、立ち直るのが早くなった
  • 強い気持ちを持とう、という意識になった
  • ストレスが少し軽くなった





まとめ

箱根は台風などの被害がまだ残っているようであちらこちらの線路もまだ閉鎖されていました(2020年現在)。
ですが、観光客の数が沢山ですごくにぎわっていました。

みんなに愛されているパワースポットの箱根は、是非また行きたい!

Scroll to top