断捨離マインド

私の特技のひとつに、
お片付けと断捨離があります。

よく、”お部屋が綺麗だと開運する”など聞いたことがあると思いますが、
まさしくその通りなのですが、
そもそも、私の場合、”部屋が散らからない”です。


散らかるような物の量がまずないですし、
すぐ「捨てるものないかな〜」と探してしまう捨てたがりな節もあるので、
「本当はとって置いたほうが良いもの」まで捨ててしまうことも。

そして、
部屋が散らかっていたり、自分の許容範囲を超えた物が沢山あると、
「違和感」「調子が出ない」シグナルが身体や心にビシビシくるので、
すぐ、「お片付け・断捨離アンテナ」が発動してしまうのです。

私の場合、
”感覚アンテナを立たせるお仕事”なので、
裏を返してみれば、”感覚アンテナが立たない現象”にも敏感です。


なので、
開運のために、お部屋を綺麗にしているというわけでもなく、
そもそも、あまりお部屋が散らかっている状況に陥ったことがない、
散らかる前に
”物を溜め込めない種族”に分類されているようです。

どんな時に断捨離をしますか?

「今の自分に必要ない」と思った時は、ばんばん処分します。
そこに「勿体ないから」という気持ちは入れ込みません。

大抵の場合、
「勿体ないから」と取って置いたものは、例え数回使ったとしてもまた使わなくなります。
特に布製品は、色んな気を吸いますので、今の自分に合わない波動に染まった衣類などは、着用した所で気が重たくて着れないです。
迷う時は念のため取っておきますが、結局は処分するものがほとんど。

「捨てれば新しいものが入ってくる」というように、
まずは、処分して余白を作らないと、新しいものは入ってきませんしね!

断捨離をする上で気をつけていること

断捨離をする時よりも、
”捨てる時に悲しくならないような買い物”を心がけています。

物を捨てる回数が多い = それだけ物が沢山ある

ということにもなります。

自分にとって必要のないものを買ってしまうと、
その分、断捨離する回数も増えるもの。

なので、なるべく、
自分にとっても捨てる時に「使いきれた!」と誇らしく思えるような買い物をするようには心がけています。

「あ〜全然使わなかったな〜勿体なかったな」と思って捨てるよりも、
「ここまで使ったから、いいよね、ありがとう」と思えるように。

何よりも、処分する時に自分に罪悪感を課せないよう、
”買い物の段階”から、”気持ちの良いゴール”に向かって、スタートをきるようにしています!

自分らしくあるために

私の中で、断捨離はとても身近なもの。


何か特別な時に行うことではなく、日常的に”今、必要なものに囲まれたい”という思いがそうさせているのかもしれません。
そのほうが、自分にとって快適で調子が良いから。
そして、断捨離を楽しんでこれているからこそ、みずからの生活に馴染みがあるのかもしれません!

そう。
開運の枠から飛び出して、
断捨離は新しい自分を産みだしてくれる、楽しいもの。

これからも、楽しい断捨離活動を続けていきますよ!

風の時代の生き方

※2020年12月25日再更新※

風の時代の生き方

風の時代、到来

宇宙的におめでたい日〜風の時代の到来〜を境に、
よし、”自分を生きよう!”と決意を新たにされた方も多いのではないでしょうか?

〜風の時代〜
20年に一度、木星と土星が重なりあうのですが、
その重なり合うお部屋が土の星座から風の星座に変わりました。
このエレメントが変わるのは200年ぶり。
なので、風の時代の到来!と言われており、占星術界ではブームが巻き起こっています。

多くの人の意識が集中している所に、かなり影響を受けるタイプでなので、
木星と土星が重なりあう(コンジャクションと言います)こともあって、
おめでたい日の当日は、エネルギーの大きさの影響は思った以上のものがありました。


なので、こうした翌日のほうが、私としては晴れやかで、
「うん、風だね!風!」軽やかさを少々感じております。

”風の時代”の自分を生きる

”自分を生きる”ってなんでしょう?
今だって、皆さん自分を生きていますし、

好きなことをして生きる→自分を生きる

というどストレートなものにおさまりきらない感触もあります。

どうしたって生きていると、自分の都合の良いこと、好きなことばかりが起こりうるわけでもないですし、風の時代になったからといって壁のようなものが人生の中から消え去るわけでもありません。

 

今までの土の時代は、
「壁を乗り越える」ために、努力して頑張って、壁をのぼるための土台を積み上げて。
そして、上までたどりついて、「よっしゃー!壁超えたぜ〜〜!」と達成感を味わうことが醍醐味。
このような風潮の中、私たちは生きてきたように感じます。

 

そして、風の時代は。
この壁を「消していくこと」壁を「透明にしてすり抜けていくこと」
そうした「魔法」にも似た、大変なことや負荷のかかることをなるべく「無くして」壁を突破していく風潮が一般的になるのではないでしょうか。

 

そういった流れから、
頑張らなくてもよいことへの許可物をなくしていく(断捨離・less化)目に見えないことへの興味、などに重きが置かれるような時代がやってきています。

 

それは、風の時代の象徴でもある、「軽さ」でもあり、
そういった、壁を軽くしていく努力や頑張りは今後も必要であるでしょう。

なので、
まったく頑張らないわけでもないですし、
物質的なものにまったく興味がなくなるというわけではありません。

 

いつだって、
その時代なりの「課題」というのはありますので、
人生にやってきた壁(課題)をどうやって解釈して解決していくか。
その「方法」が変わってきますよ〜〜ということです。

 

そうした中で、
これからの「自分を生きる」というのは、もう、どうしたって我慢できない、我慢したくない、
「自分が自分でありたい!自分が自分を認識したい!」
そんな衝動にかられる方も多くなるとともに、

消化浄化クリア感がより一層、大切になってきます。
壁を消化・浄化してクリアにしていく力と器ですね!

自分をクリアにしていくことこそが、
これからの「自分を生きる」につながり、
どの分野に置いても、そういった「クリアな感触を掴める場所や物事」に引力が強まる、これからの200年間、風の時代の生き方です。

”風の時代”の自分をクリアにしていく

今までは、乗り越える力!頑張る力!忍耐!のパワーを使って、物事を解決していくことが一般的でした。
言ってしまえば、そういったパワーで「クリア」にしてきたということ。

これからの風の時代の”クリア力”はどこにあるかというと、
「理解すること」「知ること」「納得すること」からはじまります。

 

今までは、原因や理由などが知らず知らずのうちに、後回しにされてきました。
”これはこうだから当たり前”というような、常識が基準にされてきたため、自分の気持ちや想いとはたとえ外れていたとしても、その「基準」が大切にされてきました。
なので、理解する前に、原因を知る前に、頑張ったり、耐え抜いたりする流れが多かったのではないでしょうか。

 

親がこうしなさいって言ったから
この年齢になったから
結婚したから
社会人だから
子どもだから
大人だから

色々、「〜だから」の基準をとおして、「決めてきたこと」が多いでしょう。

そして、これからは、
「だからのその先」が大切にされていきます。

「〜だから」どう思うのか
「〜だから」どうしていくか

わからずに頑張るのではなく、
知る前に努力するのではなく、

自分の心が把握した上で、「どうするか」という「自由」が大切にされていきます。

ある意味、今までは「答え」が先に用意されていたのです。

 

この大学に行ったらこうだよ
大人になったらこうだよ
結婚したらこうだよ
社会人になったらこうだよ

答えが用意されているからこそ、
その道のりが重要だったり、そこまでの過程に重きを置いて私たちは頑張っていました。

これからは、「答えは自分たちで決めていける”自由な世界”」です。
「理解すること」「知ること」「納得すること」は、自分がクリアになることへの第一歩、そして風の時代を生きることの大幅な1歩です。

風の時代の自由さ

「自由」というのは、どこか開放的で、「楽になる」イメージが強いのではないでしょうか。
でも、自由にも、表と裏があります。

自由は自己責任でもありますので、個の力と器が試される時でもあります。
個とは自分であり、個の力は自分の力です。

自分の力はどこから出てくるかというと、
自分を理解してからでてくる力でもあります。

自分のことを認識し理解することで、おのずと個の力が強まり、そして器が出来上がります。

自由になるためには、まずは、自分力(じぶんりょく)を大切にしていくことから。
そういった意味では、やはり「楽になる部分」と「試される部分」はセットでやってきます。

 

また、自由は”何をやっても良い”わけではありません。
むしろ、風に乗っていけるもの、それは、「自然界として、地球として、宇宙として”正しいもの”」である必要があります。

正しいと判断するのは、
人間ではなく、自然界であり、地球であり、そして宇宙であるのでしょう。
人間の力では到底及ばない部分と連動して自由はやってきます。

なので、頭で考えた「自由」ではなく、
自分の心と繋がった時の「自由」を大切にすること。

それが、風の時代に与えられている「自由」のはじまりです。

風の時代との向き合い方

自分をクリアにしていくこと、理解や納得が大切なことなど、色々ご紹介していますが、
そういったことが出来なかったり、悩みが減らなかったり、自分は時代にあっていないと心配しないでほしいなと思います。

風の時代になって「悩みがなくなる」わけでもありません。

時に、スピリチュアルの世界では、「悩むこと」は、エネルギー的に「良くないこと」のようなイメージもありますが、
「悩む」ということは大切なことでもありますし、人間だからこそ悩むことができます。

悩みが大きすぎて、自身の生活を圧迫しすぎるというのは、生きづらさにもつながるためおすすめはできませんが、先ほどご紹介したように、理解すること、納得することで先に進めることもあります。
その前段階で、「悩む」ということは誰でも通る道のりでしょう。

悩んでください!というわけではないですよ!

無理して明るくなる必要もなく
あえて悩みを大きくする必要もありません。

状況を明らかにすることを恐れずに、自分でいること

”無理をしない心の持ち方”というのは、

無理して強がらなくても、弱がらなくても良い
どんな状態でも、今の自分を誇れること、開示できること

そういった、自分であることに誇りを持てる環境を作っていくこと

それが、
自分をクリアにしていくことであり、
風の時代の人間らしさなのではないでしょうか。


追い風を受けるこれからの時代

風は、
物事に動きをつけてくれます。

それは、
軽いものであればあるほど、風の力を最大限にいかせます。

重たいものは、沢山の力をかける必要があります。
軽いものは、少しの力で動かせます。

軽いものは、
重いもの中で活きます。

全てが軽いものであると、これが当たり前になります。
一度体感した重みをベースに軽さが認識しやすくなります。

これからの時代は、そういった、「軽いことの大切さ」にも目を向けられることが多くなります。
ですが、重いものが排除されるわけでもありません。

重みというものにも、大切な役割があり、
揺るがないものや、深めるもの、変わらずに大切にしたいもの。
重厚感、しっかりしたもの。

”重い”から連想されるものは色々あります。
その重みや過去を大切にしながら、その人それぞれに応じて「軽くなって良い部分」というのが浮き彫りになってきます。

自分の中で重さを感じるもの
というのは、皆さんあるでしょう。

そして
上げたらキリがないくらいに、皆さんそれぞれの中に重みのあるものはあります。
その重みがあるからこそ、知れるものもあります。
重たいものは悪いことではありません。

ただ、
その重みが自分の中で負担になっている場合。

それは、
「軽くしていくことで、明るい視点が見えてくるよ」ということです。

重さも、軽さも どちらも大切。

例えば、
学ぶことや深めていくことは重みのあるものですし、
これらのことを解釈していくことは軽いものです。

重みと軽さの中を動き回ることによって、流動性のあるものになり、
これから吹くであろう「時代の風」に乗りやすくなります。

自分の中に、在るものを「動かしていくこと」

それは、重みがなくてはできないことでもありますし、
それらを軽くしていかなければ、動いていかないものでもあります。

軽さ・重さに善悪はなく、
どちらも使いこなしていく、動きが大切になってきます。

自分の重みは、誰かの役に立つこともあります。
逆に、自分の軽さが誰かの重みをサポートできるかもしれません。

個人の中の小宇宙でこれらの回転グルマを回せた時、
大きな宇宙の流れにも乗っていけます。

今までもこのようなサイクルはありました。
でも、この動きが一段と早くなってくるのがこれからの時代。

なので、
それぞれの分野で重みを感じた時に、

「まぁいいっか」という割り切り度も重要になってきますし、
そこに、執着すればするほど重みも増してきます。

自分自身が負担にならない場合は、問題はありませんが、
負担は重みになります。

何かの判断基準の時に、自分の負担の度合いを考えてみるとわかりやすくなります。

どんなに重たいものでも、
その人にとって負担ではない場合は、問題になりません。

なので、
重さ、軽さも、人それぞれ。

個人がそれぞれに適した、行動をとっていくこれからの時代は、
楽しみな時代でもありますし、移り変わりやサイクルがどんどん加速していくことでしょう。

同じ物事や、ゾロ目・エンジェルナンバーを見る時にはパターンがある!?



日々の生活の中で、
やたらと同じ物事に遭遇することはありませんか?



同じ数字をよく見かける
ゾロ目のナンバーを沢山見る
同じ人とすれ違う
などなど

このような場合、
その物事自体の内容に意味がある場合と、
物事自体に遭遇したことや、遭遇回数に意味がある場合の、
パターンがあることに気がつきました。


このような物事に気づくということは、
元々、アンテナ感度が高い方が多いです。

実はわたしも、
ここ1ヶ月半の間で虹をみる回数が非常に多かったです。


至るところに虹が出現!

まるでハッピーガール(ガールって(笑))のような気分にもなりましたが、外出するたびに、
「スコール➕虹出現」は、かれこれ10回弱はあったような。

虹を見た時に、

自分の行動を後押しするような感覚だったり、
今、考えていることやビジョンを応援してくれるような反応、
そして、そうそう、ここだよ〜というような導きを感じたのです。

心の中で、
「こうしていきたい!」というような気持ちが芽生えていた時期でもあったので、

このように

「虹を見る」
「虹を発見できる」

というアクションは、とても励みになりました。

「虹をみた時のメッセージ」は色々あると思います。
吉兆の合図ですし、良い意味合いがあるでしょう。

でも、不思議と「虹を見た時の意味」には心が動かなかったのですね。

それは、
心の中では、「向かう先に迷いなく、気持ちが定まっていた」ということが大きいでしょう。

なので、”虹からのアクション”という形で大きく意味を受け取れたかなと感じました。

例えば、
「エンジェルナンバーを最近よく見かけるけれど、何か意味がありますか?」
と質問をいただくことがあります。

これも同じことかもしれません。
「エンジェルナンバーをよく見る」ということだけで、

やっぱりそうだよね」

と思えることがあれば、
数字の意味というのは、大きく役目を担っていないこともあります。

”あなたの心のままに、その心の内を応援しますよ”

というお告げでしょう。

逆に、数字の意味が気になる、これはどんな意味だろう?と感じた時は、

自分の中で具体的なものを探している最中だったり、
大きな段階での道しるべとして、数字の形で表現してくれているのでしょう。

そういう時は、気になったら数字の意味を調べてみても良いでしょう。
何かヒントが隠されているかもしれません。

ちなみに
私が「虹」から感じることをチャネリングしてみました。


虹は、雨上がりに出現するものでもありますし、雨は心の中の詰まりを洗い流してくれていることもあります。
よく浄化の雨とも言います。

その後に「虹」が出ますので、

心の中のつまりを、まずは紐解くこと。
そして、何かを叶えたいという気持ちがあるのであれば、それを先行することなく、必ず浄化の道をみずから辿り、心のつまりを解消してからであれば、この願いは良い方向へ進む。

がむしゃらに頑張るよりも、
紐解くことによって、おのずと結果が現れる。

そして、
ここまで溜め込む必要はないことを自分自身でしっかりと把握すること。

そうすることで、願う形ではなく、自然な形で道のりができあがる。


このようなメッセージが降りてきました!

まだ落ち着いていたころの札幌の虹



Scroll to top